いつでも相談に

会社を経営している人にとって、会社を守ることや家族、従業員の生活を守っていかなければという気持ちを常に持っています。そのため責任感が強く、常にいろんな不安を一人で抱えてしまっている人が多いです。会社の事に関して同等の立場で相談できる相手がいる経営者は少なく、何か悩んでいいても誰に相談したらいいのかを迷ってしまうでしょう。そこで会社にとって大きなメリットを与えてくれるのが顧問弁護士の存在です。

会社を経営するにあたって、会社の信頼と経済的な安定が大事です。どちらかが不安定になってしまうと、会社の存続に大きな影響が出てきます。しかし経営者の日々の営業活動に追われていると、小さな悩み事を相談する時間がありません。そしてこのぐらいの悩み事の為に弁護士を一時的に雇うのはと躊躇してしまう人が多いです。そこで顧問弁護士を雇う事で普段から抱えている小さな悩みでも気軽に相談する事ができます。中には大きな問題になる前に解決する事ができます。顧問弁護士にとっても、会社の実状を知ることで、会社の問題点を指摘し、今後の対策として適した方法を指摘する事ができます。経営者にとっても小さな悩み事やストレスをため込むことが少なくなります。

問題前に指摘

会社の経営者二とて、クレームやトラブルは真っ先に対応すべきものになります。解っていても放置してしまうと大きな損害につながってしまうケースがあります。金銭的な問題だけでなく会社に悪いイメージがついてしまうと、会社の存続にも大きな影響が出てきます。そのためいかに問題が起きないように経営をするのか重要です。

そこで経営者以外にも会社にとって細やかな配慮ができるのが顧問弁護士の存在です。弁護士というとトラブルや法的問題が起きた時に依頼するイメージがあるでしょう。しかし顧問弁護士は毎月決まった契約金を支払う事で、定期的に会社と関係性を築きあげていきます。経営者にとって信頼できる相手になればなるほど小さな相談事が増え、大きな問題になる前に問題解決につながるケースも増えていきます。また顧問弁護士にとっても、会社の状況や経営者の性格や会社の経営理念を知ることで、今抱えている問題や今後の展望に対して生じる可能性がある問題点に対して、法律的な問題点を指摘することができます。経営者でも、書面一つでも法的に効力があるのかどうか自分で判断する事は難しいです。そういった時にアドバイスを受ける事で、安心して契約を結ぶことができます。

常に会社を知る

自営業をしている人にとって、安定した給料を確保する事はとても難しいです。急な損失があったり、大きな利益があったりと波が激しくなってしまいます。特に一番不安な事は大きな損が意を出さないことではないでしょうか。取引き先とのトラブル、社内の管理不足によるトラブル、新規客との契約時のトラブルなど事業内容によっていろんな問題が起きてしまいます。企業によって専門的な知識がひるような場合もあり、理化するまでに時間がかかる場合もあります。そのため経営者が自らトラブルを解決するために翻弄する人が多いです。

そう言ったトラブルが発生した時に細やかな部分まで相談に乗ってもらう事ができるパートナーとして顧問弁護士を雇う人がとても増えています。顧問弁護士の中でも得意分野があり、企業に適した人を選出する必要があります。そして会社によっても業種が異なる為、専門的な知識が必要な場合も多いです。顧問弁護士であれば会社を事前に理解する事も出来、経営者の性格や経営理念なども知る事ができます。そのため普段から細やかな配慮もでき、トラブルが起きた時には経営者の意に沿った的確な対応をとることができます。トラブル内容もすぐに理解ができて、経営者にとっても安心できる存在であるといえます。

顧問弁護士の役目

顧問弁護士という言葉は普段聞きなれないというが多いでしょう。弁護士は知っていても日常生活で身近に感じる人は少ないでしょう。しかし会社を経営している人の多くは顧問弁護士を雇っている為、弁護士を身近な存在として感じている人が多いです。親密な関係になると会社の事だけでは無く、家庭内や身内のプライベートのことでも相談する程、信頼を寄せる存在になる事も多いです。そんな顧問弁護士はどのような役目をしているのでしょうか。

顧問弁護士は一定の費用を支払う事で雇う事ができます。そして定期的に会社の状況を把握し依頼人との関係性を築きあげていきます。会社の今抱えている問題だけでなく、これからの経営方針に対してどのような法的な問題がでてくる可能性があるのか、どのように対応する事で、事前に問題を回避できるのかなどアドバイスをもらう事ができます。特に新規の事業を始める時にはどのような問題が起こるのか経営者自身も想定できない事があります。顧問弁護士は様々な企業の経営者と接する機会が多い為、どのような問題が発生しやすいのかなど事前に情報を得る機会があります。そのため同じ様なトラブルを事前に避ける事も可能です。更に急なトラブルが起きた場合でもすぐに駆けつけてもらうことができ、すぐに状況を理解してベストな解決法を法律的な観点でアドバイスをもらえます。経営者は会社内で自分の意見を相談できるパートナーが少ないです。そのため外部で何でも打ち明けられる顧問弁護士の存在はとても重要です。

参考資料:http://www.adire.biz/counsel-lp/